So-net無料ブログ作成

倒木と格闘

前回の続きで、雪で倒れた倒木の処理をしました。
木が立っていた斜面の下、竹が密集しているところに何トンかの大木が倒れているため、倒木は弓なりになった竹の上に乗っかってる状態…
(写真を撮る余裕がありませんでした[あせあせ(飛び散る汗)])

まずは根本を小切って、全体の重量を軽くしていきます。
根本を切ると、木は竹のしなりでびよーんと上に持ちあがっていきます。
さて次に下敷きになっている竹たち。
これはチェンソーだと危ないので、一本一本ノコギリで伐っていきます。
刃を入れると竹はピシーっと裂けて弾けます。と、同時に上からはミシミシと木が下がってくる音…
上と下の安全を確認しながらへっぴり腰で作業[冷や汗]
根本がなんとか安全な状態なところまで下りたところで、ようやく解体です。

作業を始める前は、凄惨な状況になっていて、どっから手をつけていっていいのやら…でしたが、落ち着いて思案して、手だてを考え、手順を組立てて、ひとつひとつの作業をこなしていくと、なんとかなるもんですね。
想定してない作業だからこそ、浮き足立たず、ひとつひとつ着実に。が大切だと実感しました。


ひとつひとつ着実に前へ!
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。