So-net無料ブログ作成

注連縄架け替えとおとしだま

あけましておめでとうございます。
1月10日は、奥山の磐坐にかかる注連縄の架け替えの登拝をしました。

4年間の風雪に耐え奥山の入り口、水場の入り口を守り続けてきてくれた竹の鳥居も桧の掘立柱に立替させていただきました。

午前中は注連縄づくりと掘立穴づくり。
注連縄は藁を綯い、注連縄を作っていきます。
もはや恒例行事となっており、どんどん注連縄ができていきます。

一方で昨年より準備しておいた桧から白木の鳥居を作り、立てるための掘立穴を作ります。
土壌は50センチほどの深さまで良質の腐葉土が積もり、その下からこれまた見事な真砂土の層が出てきました。

真砂土は花崗岩が風化してできた土で水はけがよく、庭土として利用される土なのですが、一方では土砂災害を引き起こしやすい土壌なのです。
このように植物が何百年かけて腐葉土の厚い層を作り、さらにその上を木々の根が張ることで、豊かな森が保たれ、土砂災害を防いでいるのです。
植物が更新しやすい環境を作るというのは、災害を防ぐ手立てになるんですね。

さて、ひとしきり汗をかいたところで祭典。
お昼に鏡開きをしたお餅(これがホントのおとしだま)と焚き火で焼いた焼き芋をいただきます。

暖かい焚き火を囲んで楽しいコミュニケーションのひとときと二胡とアコーデオンの奉納演奏・・・・
時間を忘れてしまいそうになる至福のひとときです。

いやいや、日が暮れる前に御山に登って注連縄を巻かないと!
かなり急ぎ足で登拝してまいりました。
今年もまた一年、よろしくお願いいたします。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。